中古を買うまでの流れ

間取り

中古物件購入の流れや注意点を知っておくことで、何も知らないよりもずっと満足できる取り引きができます。最初にするのが資金計画を立てることです。そして住みたいエリアにどんな中古物件が売りに出されているのかリサーチします。寝屋川に住みたい場合は、寝屋川の不動産会社に出向いたり、不動産サイトで検索したりして中古物件探しをします。寝屋川にはマンションから一戸建てまで、無数の中古物件が売りに出されています。予算内で購入できる物件の目星がついたら、不動産会社に連絡をして見学を申し込みます。中古マンションや中古一戸建てなどを購入するときは、現地に行ってしっかり物件を見学することが大切です。特に寝屋川で築20年以上の中古物件になると、見た目以上に傷んでいる可能性があります。購入してから不具合が見つかっても自己責任です。必ず購入前に老朽化している部分をチェックして、リフォームの必要性の有無を確認することです。見学して問題がないようであれば、購入申し込みをして仮契約をします。仮契約のあとに本契約になりますが、それ以前に銀行に借入金の申し込みをしておくのが一般的です。本契約は不動産会社の担当者立ちあいのもと行われます。重要事項説明を受けて、条件に納得したら売買契約書にサインをして契約が成立です。そして物件の引き渡しまでに購入代金をすべて支払います。入居前にリフォームが必要ならリフォーム工事をして、その後入居となります。